シンプルていねいまじめに生きる

もともとぐうたらなわたしが、わたしよりぐうたらで片付け掃除のできないやさしい夫と結婚し、 かわいい息子を出産しました。そんな暮らしの中で、考え方が少しずつ変わってきたような気がします。タイトル通り、シンプルていねいまじめに生きたい…と思い、日々のなんてことないことや、ときには愚痴など書いていこうかなと始めたブログです。

加工デンプン

先日、友人の家でお昼を食べたとき
友人が息子にうどんを用意してくれました。

息子は、うどんをとても気に入ったようだったので

それからは、家でも食べるようになりました。


我が家は、いままで冷凍の業務スーパーのうどんを食べていました。

業務スーパーでも、冷凍うどんは中国産じゃないと思っていたし、

もちもちで美味しいんです。


離乳食初期のとき、息子には細かく刻んで食べさせようとしたけど

もちもちしすぎで、噛み砕けない。コシがありすぎる。

ということで、息子には乾麺のうどんを食べさせたりしました。

乾麺だと、少量だけ作ることができるので。

でもそれはそれで、茹で時間が案外長くてめんどくさくて、うどんはもうほとんど与えていませんでした。


先日友人が用意してくれたうどんは、生麺タイプでした。

ひさびさに生麺タイプのうどんを食べたら

柔らかくて、息子が噛むにはちょうどいい。

これだ〜!と思い、スーパーで探すと、

原材料が、小麦粉・塩だけのものと、そうでないものがありました。

もちろん小麦粉・塩だけのうどんを買いました。

そして、今日の夕飯でも、息子はおいしそうに完食しました。



そこで、考えたのです。

業務スーパーのうどんの原料が、小麦粉と塩だけのはずがない。と。

あんなにコシがありすぎる、茹でても茹でてももちもちが治まらないうどんは

ぜったいに、もちもちにさせるつなぎがはいっているはずだと!


確認したところ、小麦粉・塩・加工デンプンの3つでした。

デンプンならよいのかな、と思いつつ

加工デンプンについて調べたら、

全然良くなかった((((;゚Д゚)))))))


科学者によっては、遺伝子組み換えより悪いという人もいるらしい。

更に調べたら、乾麺のうどんにもはいっているものがあり、

パンには、当たり前のように入っているようです。

まあ、コンビニやスーパーのパンは、添加物だらけと思っているので、

息子には、私が焼いたパンか、私の好きな天然酵母のパン屋さんのものしか与えないけど。

わたしは、おやつ代わりに体に悪そうな菓子パンをときどき食べちゃう。

いつかは、息子もコンビニのパンやおにぎり、マクドナルドも、

美味しいと言って食べる日が来るんだろうなあ。

それまでは、できるだけ添加物の入ったものを与えたくないなあ。

加工デンプン、これから私も控えます。