シンプルていねいまじめに生きる

もともとぐうたらなわたしが、わたしよりぐうたらで片付け掃除のできないやさしい夫と結婚し、 かわいい息子を出産しました。そんな暮らしの中で、考え方が少しずつ変わってきたような気がします。タイトル通り、シンプルていねいまじめに生きたい…と思い、日々のなんてことないことや、ときには愚痴など書いていこうかなと始めたブログです。

息子のことばと音楽

今朝の息子は朝5時起床。外はまだ暗くて、部屋は寒い。まだ寝ていたいわたしは息子を無視して寝ていたら、息子はキラキラなおめめで「こうやって〜、こうやって〜」と言いながらわたしの鼻に指を突っ込んで起こしてくれました。

きのう、年賀状に使う写真を選んでいたら、「この頃の息子は、どんなだったかなあ?」と半年前ですら、すでに記憶が曖昧なことに気づきました。毎日が同じように過ぎているけど、息子は日々成長しているのですね。先月と今月でも、違うことがあるので、思いついたときはできるかぎり記録しよう、と思いました。

1歳7ヶ月現在言える言葉
  • おいしい
  • はーい(はい、あい、など)
  • あっち、こっち
  • めんめん(だめ)
  • めんめん(麺類)
  • これ(主におっぱいのこと)
  • わんわん
  • ぶーぶー(車)
  • にゃんにゃん
  • かんかん(電車)
  • こうやって〜(といいながら、なにか作業している)
  • あ〜と(ありがとう、たまにしか言わないけど)
  • ちっちでた、ちんちん(おしっこ関連)
  • あちい(熱い)
  • ぽっぽい(捨てる)
そのほか、機嫌のいいときに「トゥクトゥク イェーイ!」と叫んでいます。
歌が好きで、NHKの番組の歌に合わせて歌ったり踊ったりします。親ばかなのかもしれませんが、リズム感がとてもよくびっくりさせられます。

先日、NHKで日本音楽コンクールの本選を一緒に見ていたら、とても楽しそうでした。「バイオリンやってみる?」と聞いたら、笑顔で「はい」とお返事しました。音楽はお金がかかるし、音楽で生きていくのが大変なのは身をもって知っているので、特にやってほしいとは思わないけれど、それでも興味を持ってくれるのはとてもうれしいです。そういえば、子ども用のバイオリンを貸してくれるって言っていた知人がいたなあ、とか妄想してしまいました。どんな人に成長するのかな。