シンプルていねいまじめに生きる

もともとぐうたらなわたしが、わたしよりぐうたらで片付け掃除のできないやさしい夫と結婚し、 かわいい息子を出産しました。そんな暮らしの中で、考え方が少しずつ変わってきたような気がします。タイトル通り、シンプルていねいまじめに生きたい…と思い、日々のなんてことないことや、ときには愚痴など書いていこうかなと始めたブログです。

荷造りリスト

午前中お買い物に行って、帰宅中の車中で息子が寝てしまいました。いま自宅駐車場の車の中です。起こすのがかわいそうなので、しばらく起きるのを待ってみます。


♩♩♩


あした、実家に帰ります。
荷造りのリストアップをしてみます。

  • スキンケアグッズ
小さなボトルに入れ替えたマジックソープとカウブランドのシャンプー。ワセリン。化粧ポーチ。

化粧ポーチの中身は、日焼け止め、ビューラー、アイブロー、チーク、マスカラです。

肌断食をしてから、スキンケアの荷物が格段に減りました。さいきんの髪は、トリートメントをしなくてもしっとりするようになりました。おそらく、タオルでの拭き方をやさしくしたからかと思います。自宅ではドライヤーのときにあんず油を使ったりもしますが、ワセリンでも代用できそうなので、今回は持って行きません。

  • 衣類
わたしの下着 上下3つ、靴下3つ。
キャミソール、ヒートテック、ボーダーシャツ、チェックのネルシャツ、綿のブラウス、カーディガン、それぞれ1枚ずつ。
それに、行くときにロンTにパーカー、スキニージーンズで行く予定です。
ボトムスは一枚でいいかな!パジャマは母に借りよう、と思っています。

息子は、下着、トレーナー、ズボン、靴下がそれぞれ3つ。パジャマとロンTが2つずつ。スリーパー、ダウンベスト。
行くときに、下着、トレーナー、ズボン、上着を着ていきます。息子の服、多いなあ。

  • その他
息子のシリコンスタイ、お気に入りのおもちゃ2つ、お気に入りの絵本2冊。フルート。楽譜一冊。オムツは現地で買うので、3枚ほど。ハンカチやタオルは2枚くらい持って、あとは実家で借ります。息子の飲み物とお菓子。iPhoneiPodの充電器。



以上かな。

以前は、着替えもスキンケアグッズも使い切れないほど持って帰省していました。足りないものがあっても、実家にあるものを借りたり、違うもので代用することもできるんですよね。
以前よりだいぶ持ち物が減ったけど、もっと減らせるかも?とくに、わたしの衣類。母に借りることもできるし。
あとは、わたしが動きやすい短めのコートで行くか、防寒重視の長いコートで行くかが、悩みどころです。息子がいて、外でしゃがむことを考えると、短いほうがいいのかなー。


家に入ったら、リュックに詰めてみます。リュックひとつに収まるかな。ああ、車はさむいな。息子、早く起きてくれないかな。