シンプルていねいまじめに生きる

もともとぐうたらなわたしが、わたしよりぐうたらで片付け掃除のできないやさしい夫と結婚し、 かわいい息子を出産しました。そんな暮らしの中で、考え方が少しずつ変わってきたような気がします。タイトル通り、シンプルていねいまじめに生きたい…と思い、日々のなんてことないことや、ときには愚痴など書いていこうかなと始めたブログです。

さいきんのこと

毎日、ブログ更新したいのだけど、
なかなかゆっくり気持ちをまとめる時間がとれなかったり、
書かなきゃいけないもの、みたいになるのもいやだったり、
で、なかなか距離感がむずかしいです。


なので、気が向いて、時間があって、書きたいことがあるときだけ、更新することにします。


♩♩♩


先週、母校に行ってきました。
大学内のホールで教授の傘寿記念コンサートがありました。
先生、先輩、同級生、いろんなアンサンブルの演奏のほか、最後には140人近くのフルートオーケストラ。
盛りだくさんのプログラムで4時間!
音楽を仕事にしているとはいえ、いまは育児に忙しく、なかなか音楽と向き合えない私にとって、母校でのコンサートはものすごい刺激でした。
社会人になってから師事した先生も出演されていて、先生のキラキラな音と佇まいに胸がぎゅうとなりました。
息子を預けてコンサートを聴きに行ったのも、もしかして産後初めてだったかもしれません。

相変わらず、練習の時間は作れないけれど、やりたいもの、自分の方向性、など、改めて見えた気がします。


次の日は、以前から息子を連れて行きたかった、京王れーるランドへ行きました。
f:id:ohilune:20150306235019j:plain
1組40分の交代制で、プラレールで遊べるのですが、片付ける時間になったとき、息子が大粒の涙をこぼして、めんめん!と泣きました。
かわいそう、なのですが、そんな姿がかわいかったです。
また、東京に行ったときは、連れて行ってあげたいです。


東京に滞在中は実家にいました。
正月に父と口論し、そのあと、言いすぎたことに対しての謝罪と、でも私の考えを、手紙にして送ったけれど、それから1度電話で話したきり。
今回の滞在中は、父と薄い壁がありました。
本当なら、何も気にしてないように振る舞うのが、大人でありかわいい娘なのだと思うけど、それができませんでした。
でも、まあ、いいか。
無理せず、マイペースで。前向きに。