シンプルていねいまじめに生きる

もともとぐうたらなわたしが、わたしよりぐうたらで片付け掃除のできないやさしい夫と結婚し、 かわいい息子を出産しました。そんな暮らしの中で、考え方が少しずつ変わってきたような気がします。タイトル通り、シンプルていねいまじめに生きたい…と思い、日々のなんてことないことや、ときには愚痴など書いていこうかなと始めたブログです。

気持ちの整理

今日は、お勤めしている音楽教室の発表会でした。


生徒さんたちの演奏は、たとえ緊張でうまくいかなくても、なんだか聴いていて胸がいっぱいになります。

私も講師演奏をしました。

先月、コンクールでうまく吹けなかったこと、出産してから演奏の仕事が減ったこと、というより、そもそも吹く時間が激減したこと。
だけど、上手に吹きたいということ。

人にどう思われるかということと、自分がやっていきたい音楽とは、関係ない。と最近やっと心から思えるようになりました。

かっこ悪くても、うまくいかなくても、立ち止まっても、いい。
気が乗らないときはやらなくても、いい。

音楽を仕事にしているなら、それに詳しくなくてはいけないし、常にベストな状態で演奏できるべき、と考えていました。

だけど、そうじゃない。
というより、そうでなくても、いい。

自分がやりたいペースで、やりたい方向で、やりたいように、やる。
大好きな音楽を義務にしたくない。
大好きなものとは、自分の心地よい距離感で付き合いたい。

今日は、無伴奏の曲を演奏しました。
100%納得のいく演奏ではなかったけれど、落ち着いた、いまの自分らしい演奏ができた気がします。

人と比べて、劣等感を持ったり、落ち込んだり、焦ったり、それって、無意味だとわかった気がします。
私は私だし、他人は他人。
好きなことを好きなようにやる。
音楽以外でも、同じですね。
どうしたら楽しくいられるか、心がざわざわするのは何故なのか、どうしたいのか、自分の気持ちを尊重して生きていきたいです。

そんな意味で、今年は私の中で、大きな気持ちの変化のあった一年でした。