シンプルていねいまじめに生きる

もともとぐうたらなわたしが、わたしよりぐうたらで片付け掃除のできないやさしい夫と結婚し、 かわいい息子を出産しました。そんな暮らしの中で、考え方が少しずつ変わってきたような気がします。タイトル通り、シンプルていねいまじめに生きたい…と思い、日々のなんてことないことや、ときには愚痴など書いていこうかなと始めたブログです。

すきなことだけ。

今日は、保育園のお迎えを夫に行ってもらいました。
寒かったので、灯油も買ってきてもらいました。
ごはんはわたしが作ったけれど、後片付けをしてもらって、食後のコーヒーも淹れてもらいました。
そして、お風呂の用意もしてもらいました。

昨日は、夫にいらいらしたけれど、察して欲しいじゃなくて、今日はやって欲しいことをしっかり言葉で伝えました。

✳︎✳︎✳︎

他の人のブログにあった文章を借りると、「いつからか、夫の奴隷になっていました」
頼まれていないのに。へんなの。
いつからか奴隷根性で、夫のために
仕事あるけど、帰宅したらすぐにごはん作らなきゃ、とか、
洗濯ものが溜まっているから、かったるいけどやらなきゃ、とか、
子供の面倒はわたしが見なきゃ、とか。

まあ単に、夫がぐうたら者すぎて、家事全般何もしないってのもあるけど、
それにしても、だからってわたしが我慢してやることないんだ。
わたしがやらないからって責められるわけでもないし、怒られるわけでも嫌われるわけでもない。
わたしにやさしい(だけ)が売りの夫なので、すべて容認してくれます。

断捨離して、ものを減らして、大すきなものに囲まれる生活になりつつあるけれど、ものだけじゃなくて、もっといろんなものを軽くしたい。
我慢も、ちょっとしたストレスも、考え方ももっともっとシンプルに軽くしたい。
やりたくないことは、もうやらない。
どんどん周りに頼って、やりたいことだけやる。
食べたいものだけ食べる。
すきなことだけ。