シンプルていねいまじめに生きる

もともとぐうたらなわたしが、わたしよりぐうたらで片付け掃除のできないやさしい夫と結婚し、 かわいい息子を出産しました。そんな暮らしの中で、考え方が少しずつ変わってきたような気がします。タイトル通り、シンプルていねいまじめに生きたい…と思い、日々のなんてことないことや、ときには愚痴など書いていこうかなと始めたブログです。

お金の使い方を変えました

いつからだろう。お金はいつも節約をしていました。
そのわりに、思うように貯まっていませんでした。
 
だけど、さいきんは、意識して使い方を変えています。
人のためには惜しまず使う。
本当に欲しいものは妥協しない。
買うか悩んでも、手に入れることで本当に心が満たされるものであれば、買う。
お金が減ることを気にせずに使うってことです。

さいきんよく見かける熊本の地震義援金募金箱。
いままでだったら、入れるのは100円でした。
だけど、さいきんは、軽く500円1000円出せるようになりました。
人へのお土産やプレゼントも、金額のことを気にしないで選べるようになりました。

自分の食べたいものもそうです。
そのとき、食べたい!と思ったら、高くても買います。
そうすると、やっぱり満足感がちがうし、自分で自分を満たしている感じ。
他の人の言葉を借りれば、「わたしには、こんな高いものを買う(食べる、着る)価値がある」という、自己肯定感をじんわり感じます。

そんなわけで、さいきん買ったもの。
f:id:ohilune:20160502224319j:image
スペルガのスニーカー。
これは、中学生の頃から雑誌で見て憧れていました。
でも、シンプルなスニーカーにしては値段が高いし…とか、おしゃれな人しか格好よく履きこなせなそうだし…とか、いまとなっては理由がはっきり分からないほどの「わたしには、スペルガを履く価値がない」的な考えでいました。

スポッと履けるスニーカーが欲しくて、とりあえずコンバースやバンズで探していました。なぜか、スペルガは候補から外れていたんです。
でも、よく考えると、そんなにバカ高いわけではないし、ずっと憧れていたなら買えばいいじゃん!で、買いました。大正解です。買ってよかった。

ものを減らして、服も靴もバッグも少なくなったので、その全てをお気に入りにしたい。
と思っているにもかかわらず、ついつい、安いものに目がいってしまう。
安いものにもいいものはもちろんあるし、安いもの大すきだけど、安いってだけで買いたくない。

まだまだ買い物下手で、失敗ばかり。
着ていないのに手放せていない服も残っているけれど、すこしずつ、クローゼットのレベルアップをしていきたいです。

あと、お気に入りの服や靴が痛むのが嫌だからあんまり着ない、っていうのも止めたい〜!かなり意識してるのに、無意識に大切にし過ぎて除けてしまいます。
貧乏性ですね。本当にやめたい。
常にお気に入りのものに囲まれる価値のある人間だと、わたし自身にがつんと教え込ませたいよ。


そして、冒頭の続き。
お金の使い方を変えて、節約をやめたけど、手元のお金にあんまり変化はありません。
以前よりお金を使っているけれど、返って、新鮮なお金が流れている感覚です。
たくさん使って、たくさん入ってくるのが理想です。
たくさん入ってこい〜*(^o^)/*