シンプルていねいまじめに生きる

もともとぐうたらなわたしが、わたしよりぐうたらで片付け掃除のできないやさしい夫と結婚し、 かわいい息子を出産しました。そんな暮らしの中で、考え方が少しずつ変わってきたような気がします。タイトル通り、シンプルていねいまじめに生きたい…と思い、日々のなんてことないことや、ときには愚痴など書いていこうかなと始めたブログです。

嫌われてもいいし、好かれてもいい。

今日、最高学年の先生に

「先生、音楽の授業ありがとうございます。前回の授業のあと、子供たちがクラスで歌った合唱がきれいにハモってて、すごくきれいでびっくりしました。」

と言われました。

 

とても、とても嬉しかったです。

声楽の知識がほとんどなく、合唱の指導経験もないわたしの授業は、わたしの考える音楽を子供たちに提案するような内容だけれど、それが、ちゃんと伝わっているんだなあ。受け取ってもらえてるんだなあ。てのが、本当にうれしかったです。

 

もっと勉強しよう!そしたらもっともっといい響きの合唱が作れるはず!と意気込んだ日でした。

 

最近、指導の仕事が楽しいです。

いかに音楽を楽しんでもらおうか、どうしたらもっと音楽を好きになってもらえるか、言葉でなんと言えばわたしの考える音楽を伝えられるだろうかと考えています。

そして、わたしの考える音を表現してもらえると、とてもうれしい。

さらに、自分が演奏するときも、うまくやろう!より気楽に楽しくやろうと考えられるようになり、そうすると力が抜けて結果的にうまくできる。

あー不思議。

 

ぶつかったっていい。失敗してもかっこ悪くてもいい。嫌われてもいい。人と衝突なしに、なんでも避けて生きるより、あっちこっちにぶつかって、傷だらけで動き回る方がいいな、と思いました。

尊敬する先輩が、かなりハッキリした方です。きっとわたしのこと、のんびりしてはっきりしない使えない後輩だと思ってるんだろうな。。といつも勝手にしょぼくれていました。

だけど、別に嫌われたっていいじゃん、それにわたしのことどう思ってるかなんてわからないし、どう思ってたっていいじゃん。

年末にご一緒するコンサートの件で、トンチンカンなこと言って幻滅されたらやだなと思ってなかなか意見が言えなかったけど、べつに嫌われてもいいや。と思って、思ってることをはっきり伝えました。

 

誰かが正しいわけではなく、みんな自分の考えを持っているだけ。わたしは、わたしの意見を言うだけ。嫌われても、馬鹿にされてもいい。

なかなかに勇気が必要なときもあるけど、誰に対しても物怖じせず、自分を出していきたいと思います。