シンプルていねいまじめに生きる

もともとぐうたらなわたしが、わたしよりぐうたらで片付け掃除のできないやさしい夫と結婚し、 かわいい息子を出産しました。そんな暮らしの中で、考え方が少しずつ変わってきたような気がします。タイトル通り、シンプルていねいまじめに生きたい…と思い、日々のなんてことないことや、ときには愚痴など書いていこうかなと始めたブログです。

新しい保育園

昨日の夜、息子に「お母さん、今日はごめんね」と言われました。

 

3月に引越しをし、4月1日から夫は新しい職場、息子も新しい保育園に入園しました。

 

昨日は、息子は初めての登園でした。

息子は0歳から保育園に通っていて、すでに転園も経験ずみなので、保育園という環境には慣れているほうだとおもうけど、今までの保育園とは、環境も友だちも先生も違うことが受け入れられず、昨日の朝は保育園での受け渡しのとき、大きな涙をボロボロこぼして大泣きしました。

といっても、泣いたのは、私と別れる時だけで、すぐに泣き止み、給食も完食、お昼寝も一番に寝入ったとのことでしたが。

お迎えにいったときも、笑顔で迎えてくれて、もうちょっと遊びたいというので、園庭で遊んでから帰りました。

 

そして、夜にベッドの中で、お母さんごめんね、と言われたのです。

どうして?と聞いたら、「今日の朝、保育園で大騒ぎしちゃった。ごめんね。」と言ったのです。

ああ、これ書いててわたしが泣きそう。

 

3歳の息子は、私が思っているより、たくさんのことを感じて考えているようです。

 

今朝も、家を出るとき、保育園に行きたくないと大泣きしました。

でも、行かなきゃいけないことは、わかっているようで、行きたくないと泣きながらも車に乗りました。

車の中では、どんどん気持ちの整理ができていったようで、行きたくない。から、はやく迎えに来てね。に変わりました。

保育園に着いたら、なかなか手は離さなかったけど、笑顔でばいばいすることができました。

 

ぷにぷにの赤ちゃんだったのに、もうすっかりお兄さんです。はやいなあ。