シンプルていねいまじめに生きる

もともとぐうたらなわたしが、わたしよりぐうたらで片付け掃除のできないやさしい夫と結婚し、 かわいい息子を出産しました。そんな暮らしの中で、考え方が少しずつ変わってきたような気がします。タイトル通り、シンプルていねいまじめに生きたい…と思い、日々のなんてことないことや、ときには愚痴など書いていこうかなと始めたブログです。

夫と久々に喧嘩をしました

夫が再々転職して2ヶ月が経ちました。

未経験の職種。36歳。勤務地も遠く、通勤に時間がかかるため、朝早く出かけて、夜遅く帰ってくる。

朝寝坊な彼だったのに、私が起きられない日も、自分で早起きしています。土日休みな職場だけど、なんだかんだで土日も働いています。

 

頑張っているなあ、と思っていました。

家事も育児も、いわゆるワンオペ状態だけど、転職したばかりだし、そんなもんだと思っていました。仕事と妊娠による不調とで、正直しんどい時期もあったけど、いまはひとまず乗り越えたし、いい意味で、夫には何も期待しない。そんな毎日です。

 

だけど、思っていた以上に彼はストレスや職場で感じる圧力やプレッシャーが大きいみたいで、ちょっとしたやりとりでピリピリしてしまい、今日は些細なことで久しぶりに喧嘩をしました。

 

私は私で、彼には、何もしなくていいけど、家の中では笑っていてほしい、一緒の時間は笑顔で過ごしたい、と思っていたみたいです。期待していないつもりだったけど、笑顔くらい。。と思っていました。まあ、それは悪い考えだと思わないけど。

 

とにかく、ほんとに些細なことで、口論になり、私は泣きました。そして、仕事があったので急いで家を出ました。

夫の理不尽で自分勝手で気まぐれな考え方にがっかり。悔しくて、プチ家出してやろうかと思ったほどです。

家を出る前に息子が「なんで泣いてるの?」と言って抱きしめてくれました。

わたしは説明できませんでした。

 

それから、しばらく経ってから、夫から謝罪のラインが届きました。

でも、気持ちのモヤモヤがおさまらなくてしばらく無視しました。

まあ、結果的に、帰宅後和解したのですが。

 

夫の話では、私が出かけたあと息子に「お母さんに謝ってよ。泣いてたよ⁉︎お母さんにもっと優しくしなきゃだめだからね!」と言われたのだそう。それで、謝罪のラインを送ったとのこと。

あー、話の着地点を見失ってしまったけれど、息子の気持ちが嬉しかったのと、子はかすがいって、こういうことかなあ。とか、考えたり。。。

あと、夫が転職してから、ふたりでゆっくり話す時間が全くなかったんだけど(わたしは夜すぐ寝ちゃうし)、今日は珍しく2時間以上ふたりで話ができました。仕事のこと、お金のこと、これからのこと。具体的な先行きの話は出てこなかったけれど、お互いのいまの考えを話す時間ができて、よかったです。

 

今日は、そのほかにも、心がざわざわする出来事が重なりました。まあ、そんな日もあるよね。

明日は、本番です。お客様たくさん来てくれますように。

いい1日になりますように。