シンプルていねいまじめに生きる

もともとぐうたらなわたしが、わたしよりぐうたらで片付け掃除のできないやさしい夫と結婚し、 かわいい息子を出産しました。そんな暮らしの中で、考え方が少しずつ変わってきたような気がします。タイトル通り、シンプルていねいまじめに生きたい…と思い、日々のなんてことないことや、ときには愚痴など書いていこうかなと始めたブログです。

0に戻ってもいいか

夫が転職し、毎日大変そうです。

通勤には、車で片道一時間半かかっています。

働きやすい場所に引っ越したい、という話が前からちょいちょいでていましたが、今日は、引っ越したい、でなく、引っ越そう!と言われました。

夫は、いつも大事なことの決定権は私にくれます。だけど、そんな彼が、自分で決めたことです。もちろん、動き出すのは、わたしの了解を得てからだけど。

 

いま住んでいる家は、今年の3月から住んでいて、防音室のある海の見える築5年ほどの最高な物件です。

引っ越し先は、防音室なし、楽器NGなマンションです。でも、会社の提携してるマンションだから安く借りられるそう。

 

私は常々、身軽に生きたい。フットワーク軽く、変化を歓迎しながら生きたい。と思っているので、引っ越しには賛成ですが、楽器NGだけがひっかかる。

 

夫は、半年か一年の辛抱だから。俺の収入が落ち着いたら、楽器OKな物件にすぐ引っ越そう、と言ってくれていますが、んんんん。。。。

たしかに、産後は全然笛を吹けないだろうし、今後の生活お金のことを考えたら、夫の言うことは正論です。私はしばらく大して稼げないし。

 

でも引っ越したら、産休をもらう予定の仕事に復帰できるのか?今度は私が通勤に一時間半かかる。赤ちゃんと幼児がいて、それ、できるのか。それとも、復帰を待ってくれてる生徒さんたちがいるのに、辞めちゃっていいのか。

家で笛が吹けなくなるだけでなく私の仕事が0になってしまう。

 

と、ぐるぐる考えたけど、その考え方、重ーい!フットワーク軽く生きたいとか言いつつ、いまの暮らしにしがみつきすぎ。笑

 

片道一時間半の通勤でも復帰したかったら、そのとき考えればいいし、夫も、できるだけ早く笛が吹ける環境に戻す、と言ってくれているのだから、ぽーん!と流れに乗っちゃおう。

 

どうなるのか不安はもちろんあるし、私にとって、笛は大事な一部だけど、どうにかなるっしょ。下の子がある程度大きくなったら県内のプロオケに入るっていう夢は捨てずに、流れに身を任せてみようと思います。