シンプルていねいまじめに生きる

もともとぐうたらなわたしが、わたしよりぐうたらで片付け掃除のできないやさしい夫と結婚し、 かわいい息子を出産しました。そんな暮らしの中で、考え方が少しずつ変わってきたような気がします。タイトル通り、シンプルていねいまじめに生きたい…と思い、日々のなんてことないことや、ときには愚痴など書いていこうかなと始めたブログです。

34週と息子

一昨日は、息子の通う保育園でのコンサートでした。

息子は、私が保育園のみんなの前で演奏するのをとてもたのしみにしていました。

 

当日朝、息子が「みんなの前でコンサートするのは緊張するから、ちゃんと深呼吸してからやったほうがいいよ」とアドバイスしてくれました。

4歳の息子が、そんなことを言うなんて…!子供の成長に驚きました。緊張しないけどね!

保育園て寒いし、お腹もパンパンなので、普段着で演奏したのですが、「お母さん、ドレス着たらいいのに」と息子は言いました。

 

あとになって考えたら、お腹が大きくても着られるドレスはあるし、寒いのくらいちょっと我慢してドレスを着ればよかったかも。きっと息子だけじゃなく、女の子たちもよろこんだはず。まあ、過ぎたことはしかたないけど。

 

そのあと、園長先生がお申し出くださり、息子の教室で給食をごちそうになりました。

みんながくっついてきて「となりで食べよう〜」と言ってくれました。

「お昼たべたら、一緒に外で遊ぼうね」と誘われました。

 昨日も、子供たちが寄ってきて、なにやらたくさん話しかけてくれました。かわいいなあ。

コンサートのおかげで一気に人気者になりました。

 

息子が赤ちゃんの時から、ゆっくり大きくなって欲しい、かわいい今の息子をもっと味わいたい、と思っていたけど、いまもそれは変わりません。毎日「お母さんだいすき」と言ってくれて、ぎゅうぎゅうくっついてくれる今が幸せすぎます。

 

お母さんだいすきと言ってくれなくなって、くっついて息子の匂いを嗅ぐことができなくなって、反抗期になっても(泣)、それでもやっぱり、そのときそのときで今の息子がかわいい!と思えるのかな。そんな気がする。

お腹の赤ちゃんにも早く会いたいけど、きっともう妊娠することはないし、胎動を感じられるのもあと1ヶ月ちょっと、息子だけに時間をかけられるのもあとちょっとと考えると、もうすこし毎日がゆっくり流れてもいいなあとも思います。

 

今日は、お休み。なにしよかな。