シンプルていねいまじめに生きる

もともとぐうたらなわたしが、わたしよりぐうたらで片付け掃除のできないやさしい夫と結婚し、 かわいい息子を出産しました。そんな暮らしの中で、考え方が少しずつ変わってきたような気がします。タイトル通り、シンプルていねいまじめに生きたい…と思い、日々のなんてことないことや、ときには愚痴など書いていこうかなと始めたブログです。

穏やかな一日

今日は、おそらく最後の妊婦検診でした。

運転が心配だから、と、夫が代休をとって病院まで付き添ってくれました。

 

今回の妊娠では、夫無職→大手企業に無経験で就職→打ちのめされ鬱っぽくなる→なんとか持ちこたえて引っ越しが決まった今。という感じで、夫もいっぱいいっぱいな日々だったため、いっしょに妊婦生活を楽しむとか、新しい家族の誕生について語り合う、みたいなのがほぼ皆無でした。

だから今日、検診に付き添ってくれた(といっても待合室で寝てたけど)、そしてそのあとお買い物に付き合ってくれた、そのあと、わたしリクエストのビッグマックをいっしょに食べた、ことがとても嬉しかったです。

 

今日は、帰宅後にフルートをたくさん吹きました。それから、夕飯はピザにしました。生地をホームベーカリーで作ったら、すごく簡単で美味しくできました。

 

息子は、今日は転園して初めての登園でした。

夫が連れていってくれました。二人であたふたしながら、朝の準備をしたそうです。保育園まで車で往復30分くらいかかるので、明日からは、夫が朝の出勤のときに息子を送ってくれます。明日から母が来てくれるため、夕方のお迎えは母が行ってくれます。朝の出発は、7時前です。はやいな。

 

朝の息子、緊張してたよ、と夫が言ったので、楽しんでるかなあ、園のみんなと仲良くできたかなあと心配でしたが、帰宅後のハイテンションな息子を見てほっとしました。まあ、もしかしたら、保育園どうこうより、いつも家にいない父親が保育園の送迎をし、夕方に家族三人でいられることが嬉しかっただけかもしれないけど。楽しかったとは言わなかったけど、保育園のお話をたくさんしてくれました。明日の持ち物の準備も率先してやっていました。よかった。

 

お風呂も三人で入りました。

息子はとてもうれしそうでした。

三人で入るのも、もしかしたら、これが最後かもなあと思いました。

三人で、ベッドまで向かう途中、外を見た息子が、お月さまがきいろでとってもきれいだよ!みてみて!と言いました。

私は、実はここ数日のお月さまがとてもきれいに見えていたので、赤ちゃんの名前を美月ちゃんにしようかな、と思っていました。

三人で見るお月さまはとてもきれいでした。

 

もう準備万端。明日は陣痛くるかな。