シンプルていねいまじめに生きる

もともとぐうたらなわたしが、わたしよりぐうたらで片付け掃除のできないやさしい夫と結婚し、 かわいい息子を出産しました。そんな暮らしの中で、考え方が少しずつ変わってきたような気がします。タイトル通り、シンプルていねいまじめに生きたい…と思い、日々のなんてことないことや、ときには愚痴など書いていこうかなと始めたブログです。

8月も後半

夏休みの前半は、ほぼ毎日子育て支援センターに行くという、代わり映えのない日々でした。

 

でも、8/10くらいから、地元の友だち家族(総勢24人)との集まりや、夫の実家への帰省で親族とわいわい。そして、昨日までは、笛の仕事の合宿でした。

例年通り、某オケの首席奏者さんをメイン講師に迎え、私はサブ講師として参加。息子と娘も連れて、二泊三日で楽しい時間を過ごしました。

学生受講者さんのお母様方が、子守をしてくださり、とても助かりました。

最終日のコンサートでは、私も講師演奏しました。

美味しいお食事に温泉、息子はホテル内のプールに入ったり、夜は花火をしたりで、とてもたのしかったそうです。

 

毎年こんな機会をくださり、何かと私を誘ってくださる先生に感謝です。

 

そんな、ばたばた楽しい日々の中で、娘は生後4ヶ月を迎え、寝返りをマスターしました。

お盆に義実家に行った時は、まだ体を反らせて、ごろりんしても腕が体に挟まって抜けなかったりしてたのに、数日経った今日は、もう完璧。くるりんぱ!ときれいな寝返りができます。そのままズリバイもしてかたつむりみたいに動いています。

寝返りができそうでできない、っていう動画を撮っておけばよかったです。せめて海老反りしてる写真を撮っておけば良かった。娘のそんな姿はもう見れないと思うと、成長が嬉しい反面、さみしい。

 

そして、5歳の息子は、下の歯が抜けそうでグラグラしています。抜けるのが楽しみだそうです。

 

そんな息子は、ここ数日、いろんなお兄ちゃんお姉ちゃんに会って、いろんなゲームをやらせてもらったので、今日は朝からディズニーツムツムをダウンロードしてほしいと大騒ぎでした。

私は、絶対にやらせないつもりでした。中毒みたいにやめられなくなるのがこわくて。

 

でも、夫が、許可しました。

一日15分。約束が守れないなら、もうできない。ということになりました。

夫は、息子の気持ちや希望は、できるだけ受け入れてあげたい、息子はきっと約束を守れるはずと言いました。

 

わたしは、息子のことを信用していなかったのかもしれない。どうせゲーム漬けになる、とか、やめてって言っても聞いてくれないだろう、と決めつけていたのかもしれません。なぜかというと、きっとわたしがそうだから。わたしはゲームはしないけど、息子の立場だったら、こっそり隠れてやるかもしれない。

だけど、息子を信じなきゃなあ。こどものゲームとかYouTubeとか、付き合い方がこわいけど、信じて見守ろうと思います。