シンプルていねいまじめに生きる

もともとぐうたらなわたしが、わたしよりぐうたらで片付け掃除のできないやさしい夫と結婚し、 かわいい息子を出産しました。そんな暮らしの中で、考え方が少しずつ変わってきたような気がします。タイトル通り、シンプルていねいまじめに生きたい…と思い、日々のなんてことないことや、ときには愚痴など書いていこうかなと始めたブログです。

読書

魔法のコンパス

久々に、新しい本を買いました。 図書館での貸し出しが待てず、Amazonでも品切れでメルカリでも価格高騰していました。それで、ますます今すぐ読みたくなって、本当に久々に新刊の本を買いました。 一気に読めました。 そして、最近は自分のメンタルがいい状…

Kindle始めました

入院中に読もうと思って夫に持ってきてもらった図書館から借りてあった3冊(三浦しをん、加工食品の本、子育ての本)を読み終わり、売店で買った雑誌も読み終わってしまい、売店で小説でも買おうかなあ。でも、物を増やしたくないしなあ。どおしよ。で、iPho…

人生がときめく片付けの魔法

いまさらながらですが、図書館で見つけたので、こんまりさんの本を読みました。この本や、断捨離という言葉が流行った頃、「ときめかないものは捨てる」ということは耳にしました。こんまりさんの言う、片付け祭り的なことも過去にしたつもりです。いまも、…

対岸の彼女。口紅のとき。

最近読んだ本。八日目の蝉しか読んだことがなかったので、角田光代さんの本を読んでみました。対岸の彼女は映画にもなっているみたいです。わたしは八日目の蝉のほうが好きだな〜。

あらしのよるに

図書館で借りて、ずっと読んでいなかった本を、昨日やっと読み終えました。実は絵本のほうを読んだことがないので、息子がもう少し大きくなったらいっしょに読みたいです。

ブクログ

このブログを始めた頃は、ここに読んだ本を記録していたけど、いつからか面倒になっていました。そして、きのうブクログというアプリを始めました。アプリ内に本棚があって、読んだ本や読みたい本を管理できます。面倒にならず使いこなせるといいです。さっ…

ルードウィヒ・B

昨日読んだ本。というか、漫画だけど。ルードウィヒ・Bベートーベンの話です。この本、話が途中で終わっています。未完の絶筆なのです。しかもまだまだ話の序盤で…>_<…久々にベートーベンを弾きたくなりました。さいきん、わたしの中で手塚治虫ブームが再来…

探偵ガリレオ と、ブッダ

ドラマを観たことはないのですが、こないだ読んだ東野圭吾がおもしろかったので読んでみました。同じシリーズをもっと読みたいです。♩♩♩夫が最近パソコンで漫画を読んでいて、その姿をみていたら、久々に火の鳥が読みたくなりました。漫画だけど、手塚治虫な…

子どもが聴いてくれる話し方と子どもが話してくれる聴き方

昨日読んだ本。前から読んでみたかった本です。ずっとAmazonの買い物かごに入っていたんだけど、図書館にありました。息子はまだほとんど話せないので、話を聴いてあげるという面ではまだ実践できないけどもっと息子の気持ちを考えてあげようと思いました。…

東京タワー

東京タワー リリー・フランキー昨日読み終えました。久々に本で泣いた気がします。親との関係、子どもとの関係、死ぬことについて考えさせられました。一昨年私の実家がなくなって、私の両親も、私の兄弟も、祖父母他先祖のお墓と離れているところに住んでい…

手紙

今日、読み終えた本。手紙 東野圭吾東野圭吾の本を始めて読みました。内容が重くて、面白い、というのとも違うけど、東野圭吾の本をもっと読んでみたくなりました。次は秘密を読んでみようかな。どちらも、映画も観ていないし、ガリレオのドラマもみたことが…

嫌われる勇気

嫌われる勇気 岸見一郎 古賀史健読んで本当によかったです。わたしは、まさに劣等コンプレックスと優越コンプレックスがある…と自覚。それに、子育てを理由に人付き合いを遠ざけていたりとか。人にどう思われてもいいから、思うように生きよう!と思いました…

告白 湊かなえ

告白 湊かなえうげー。後味悪い〜。気になって、引き込まれて、一気に読み進めてしまいました。そういう意味では、とても面白い本だけど湊かなえの本はもういいや〜。次はハッピーな本を読みたいです。

八日目の蟬 角田光代

八日目の蟬 角田光代 昨日読み終えました。 壇れいのドラマを少しだけ観たことがあり、 以前から気になっていた本です。 乳幼児を持つ母という立場からと 後ろめたい気持ちを持ちながら少しでもいまの生活が続くよう願う希和子の心情に共感したのとで 前半の…

少女 湊かなえ

読んだ本のことをすぐに忘れてしまうので、記録してみます。昨日読み終えた本。少女 湊かなえ表紙にセンスを感じないけど。。。図書館で借りるとき、ちょっと恥ずかしかったです。湊かなえの本を初めて読んだんだけど、イヤミスの女王らしい。イヤミスなんて…