シンプルていねいまじめに生きる

もともとぐうたらなわたしが、わたしよりぐうたらで片付け掃除のできないやさしい夫と結婚し、 かわいい息子を出産しました。そんな暮らしの中で、考え方が少しずつ変わってきたような気がします。タイトル通り、シンプルていねいまじめに生きたい…と思い、日々のなんてことないことや、ときには愚痴など書いていこうかなと始めたブログです。

嫌われる勇気

嫌われる勇気    岸見一郎 古賀史健
f:id:ohilune:20140713235612j:plain
読んで本当によかったです。

わたしは、まさに劣等コンプレックスと優越コンプレックスがある…と自覚。

それに、子育てを理由に人付き合いを遠ざけていたりとか。

人にどう思われてもいいから、思うように生きよう!と思いました。

子供についての考え方もなるほど、と思いました。
子供も、同等の存在であり、支配して動かしてはいけない。
だから、褒めてはいけない。
褒めるという行為は、自分より目下の存在であると認識しているから。
んー。なるほど。褒めて伸ばすのがよい子育てと思っていたけど
目から鱗な考え方でした。
実践するのは難しそうだけど。できるだけ!

あと、夫の意見をできるだけ否定しない。
んー?とか、ちがうと思うな〜とおもっても、ひとまず受け流す。
否定するっていう行為も、目下の存在と認識している証拠だそう。


読んでよかったし、また読み返したいと思う本でした。