シンプルていねいまじめに生きる

もともとぐうたらなわたしが、わたしよりぐうたらで片付け掃除のできないやさしい夫と結婚し、 かわいい息子を出産しました。そんな暮らしの中で、考え方が少しずつ変わってきたような気がします。タイトル通り、シンプルていねいまじめに生きたい…と思い、日々のなんてことないことや、ときには愚痴など書いていこうかなと始めたブログです。

山を越えた

7月も半ばになりました。

教育現場での仕事は、もうすぐ1学期が終わるので、提出する書類がたくさんあってばたばたしていました。

 

その他にも、ピアノ伴奏のCD作りのため、レコーダーとピアノと過ごした数時間、とか、産休の先輩のレッスン代講とか、合唱曲のアレンジ、とか、なんだかいろいろ‥‥がんばりました。

 

毎日、やることに追われてそわそわしていたけど、成績をつけること以外は、「わたしにはできません」って断ることもできたことでした。

やりたくてやってたことや、がっかりされたくなくてやったこと、とにかく、欲張っていたんだな〜と振り返っています。

まわりの人に高く評価して欲しいんだな〜きっと。

 

いままで、ほとんど、フリーの仕事でした。

いわゆる会社で、働いたことがないので、上司って感じの人は、事務所の社長くらいでした。

 

そして、今年から10年ぶりに教育現場での勤務を始めて感じたのは、

わたし、先生に怒られたくない、できる子だって評価して欲しい、がっかりされたくない、

と、いまでも考えていることでした。

 

くぅー、いい歳して我ながら情けないけど、まわりの先生方に認めて欲しいんですね。

だから、期待に応えなきゃ!とか焦ってしまったり、あああ、出来ないのがばれてしまった!とか、勝手に落ち込んでいました。

 

だけど、たぶんみんな私に期待なんてしてない。笑

私は同僚のうちの一人、なだけです。

 

それに、嫌われたって、がっかりされたっていいじゃないの。にんげんだもの。です。

 

そんなわけで、ヤマも越えたし、気分はもう夏休みなのでこれから趣味に没頭します。

もう遅いからひとまず読書しよっと。