シンプルていねいまじめに生きる

もともとぐうたらなわたしが、わたしよりぐうたらで片付け掃除のできないやさしい夫と結婚し、 かわいい息子を出産しました。そんな暮らしの中で、考え方が少しずつ変わってきたような気がします。タイトル通り、シンプルていねいまじめに生きたい…と思い、日々のなんてことないことや、ときには愚痴など書いていこうかなと始めたブログです。

服のこと

ある程度の断捨離を済ませていますが、まだ捨てられていない服がすこしありました。

 

というより、去年までは着ていたけれど、もう今年は着る気分ではないなあみたいな、決して一軍ではないけど、保険として取っておきたいみたいな服とか。

高かったんだよなあ〜、でも、もう黒は似合わないしな。とか。

母にもらったから捨てられない。とか。(母じゃなければね、捨てられるけど、罪悪感)

 

ちなみに、わたしは骨格診断がナチュラルで、パーソナルカラーがスプリングです。

身長161、体重46、細身な方なのですが、35歳な現在、いままで得意だった足首までぴたぴたなスキニーパンツがなんかしっくりこない。(すこし余裕があるくらいがいい)

7部丈パンツが似合わない。

デコルテが開きすぎてるのが似合わない。(肋骨が浮き出ているくらい貧相なので)

腕は細いのに、ノースリーブより、余裕のある袖の方が似合う。ボックス型のブラウスとか、かわいすぎないフレアな袖とか。

衿つきシャツは、かっこいい感じで袖ロールアップとかすれば、なんとなくハマるけど、顔が童顔なので、しっくりくる!ってほどでもない。

 

そして、いままで黒い服が主だったのに、2年くらい前から違和感を感じて、いまとなっては全く着ない。黒い服だいすきだったのに。印象も顔色も暗く見えて、華やかさがない。

 

さいきんのトップスは、白、アイボリーが主です。

人ってほんとに変わりますね。

 

変わらずデニムパンツはだいすきです。

スカートは、エスニックなロング1枚のみ所有。

あとは、全部処分しました。

 

ワンピースも、ノースリーブなボーダーマキシ1枚のみ。

 

でも、上記のスカートもワンピースも今年はまだ着ていません。要らないかな。

 

昨日は、お気に入りだったマカフィーの麻の墨色キャミソールを処分しました。

白Tに重ねて着るのがだいすきだったけど、今年着たらなんだかさみしい印象だったので。お気に入りだったから、手元に置いておきたかったけど、思い切って捨てました。

 

あと、仕事の衣装(ドレス)も、いろんな色を持っていた方が、共演者とも合わせやすいかな、と思って、処分できずにいたのですが、そもそもせっかく着るなら自分に似合うものじゃなきゃいやだな、ということで、濃いグリーンのドレスと、ベロア素材の黒いドレスを処分しました。

 

でも、まだある。

母にもらったという理由でなんとなく手放せない、ビンテージなロングトレンチ。

いいものだし、形も綺麗なんだけど、着たい!と思えない。。

 

あと、シーバイクロエの元気なプリントのTシャツ。黒で似合わなくなった〜(;_;)

 

骨格的には麻が似合うはずなんだけど、ボトムスに麻だと、わたしの場合、ゆるすぎてだらしない印象になります。

Tシャツも似あうはずなんだけど、かなり形を選ばないと野暮ったい人になります。

今年の夏は、麻のゆるめな袖ありトップスが大活躍です。

 

ファッションて、ほんとに奥が深いですよね。

こんなに、悩んで考えて、わたし何やってんだろ、と思うこともあるけど、自分にしっくりくる服やヘアスタイルをうまく組み合わせることができた日は、笑顔がにじみでてしまう気がします。

 

まとまらない文章だけど、似合わないものは潔く処分して、さらにすっきりすごしたいです。